RSS

カテゴリー別アーカイブ: タブレット

信長に見習い、経営者はITを積極活用せよ!

ITメディアの記事より

夏野剛氏が語る企業ITの近未来:「信長に見習い、経営者はITを積極活用せよ!

夏野氏が提唱するのが「IT信長鉄砲論」。戦国時代に鉄砲が日本に入ってきたとき、鉄砲という新しいテクノロジーを組織として最初にうまく使いこなしたのが織田信長。信長は鉄砲をどのように合戦に応用するかということを自分の経験と勘を基に考え、その結果、鉄砲を一部の人間だけに使わせるのではなく、組織として運用したというのが、ほかの武将との大きな違いだった。

 「現代の経営になぞって考えれば、信長のように、新しいIT技術が入ってきたときに、まずはそれを自分で使ってみて、その上で、組織に対してどういう可能性をもたらすかを真剣に考え、それを組織に応用していくべきである。自社の組織の強み、弱みをすべて熟知している人間でなければできないようなことを信長はやった。それができるのは企業でいえば経営者しかいない。その役割をIT部長に任せるということはあり得ないのだ」(夏野氏)

この考え方、すごく好きです。ITを活かした企画をする立場で、よく意識していることと近いです。日頃思っているのが、「馬vs鉄砲では、どちらが勝つか?」

新しい武器も上手に使わなければ、既存の考え方は突破できない。新しい技術の鉄砲も、1丁では武田騎馬隊には到底勝てない。当時の鉄砲では1発撃った後に2発目を打つ迄にどうしてもアイドルタイムが発生し、騎馬隊の機動力の方が勝るというのが常識だった。ましてや、相手は当時、戦国最強を誇った武田騎馬隊。

この決戦に、信長は武田軍と雌雄を決する長篠の合戦に3000丁の鉄砲を持ち込んだ。新しい武器も1丁では時代を切り拓けない。鉄砲を3000丁用意し、3組編成で交代して撃ち放つことで、武田騎馬隊を撃破した。結局、武田軍は信玄という天才を亡くした時点で運の尽きたのかもしれないが、時代の流れを掴むことはできなかった。

今の現状は武田騎馬隊になっていないか?

新しいIT技術に注目したとき、鉄砲を1丁で導入しようとしていないか?

タブレット、クラウド、ビッグデータ等のIT技術の導入を考えるときにも、この2つの視点を大切にしています。

広告
 

タグ: , , ,

モレスキンのiPad mini対応 タブレットカバー+ヴォランリポーターノートブック ノート

iPad miniを会社用とプライベート用で2台使用していますが、会社用で使っているのがモレスキンのタブレットカバーです(写真のiPad miniは会社用のタブレットは持ち出せないのでプライベート用です)。

iPad mini対応 タブレットカバー+ヴォランリポーターノートブック ノート(モレスキン公式サイト)

アナログなモレスキンがデジタルを取り入れようとしている姿勢に感動!!!

昨年夏に東急ハンズで「これだ!」と思って購入し愛用していたのですが、試作した分が完売したら販売終了で、替えのノートがどこに売ってない事態に。仕方なく全ページ使用した裏面を使ったりしてたのですが、再度発売との吉報が届きました。

有楽町の「モレスキンアトリエ」でノートを早速購入。RHODIAのメモに浮気しようかと思ってたところだったので、また愛用できそうです。

しっかりとしたハードカバーの質感、目立たないロゴ、チャームポイントのゴムバンドがモレスキンらしくて好きです。アナログなノートとデジタルなiPad mini を使い分けられるのも気に入ってます。

写真 2014-02-21 23 11 43 写真 2014-02-21 23 12 06

私の場合場はiPad miniが右側、ノートが左側で使用していますが、このパターンはおそらく右利き用です。公式ホームページには左利きにも対応とあるように、向きを逆にして左にiPad miniとすることもできますが、裏のカメラの穴の位置が合わないので、左利きの人は逆に使ってということのようです。

一方で、iPadを使うことが多いか、アナログなノートを使うことが多いかでもどっちにiPad miniを置くかが決まると思います。私の場合は、iPad miniを右手で持って左手で操作することが多いので、右利きと思われるこの向きの方がしっくりきています。

写真 2014-02-21 23 10 41

写真 2014-02-21 23 10 22

ちなみに間のペンはParker の5th。左利きにとっては万年筆は相当限られてしまいますが、Parker の5thはペン先がスムーズで、左利きでも書きやすいのがいいです。

 

タグ: , , ,