RSS

カテゴリー別アーカイブ: クラウドソーシング

クラウド型会計ソフトfreeeが運営する「経営ハッカー」がすばらしい!

freee株式会社が運営しているWebサイト「経営ハッカー」が素晴らしいので紹介します。

freee株式会社はクラウド型会計ソフト・サービスを提供している企業です。スタートアップ期の企業にとっては、資金管理や会計処理ってのはとっても大変ですが、そんなスタートアップ期の企業でも簡単に使いこなせる機能に特化した会計ソフトをクラウドで提供しています。

そんな事業をするfreee株式会社がリード顧客(見込顧客)を見つけ出すために運営している(と思われる)のがこのサイト「経営ハッカー」。サイトの説明として下記のように書かれています。

オンラインのサービスやクラウドを活用して、どのように経営を効率化できるか。会社設立、会計、経理、給与、決算、申告などについてフリーランスの方や中小企業の経営者に使えるアイデアをシェアします。

スタートアップ企業がオンラインサービスやクラウドを使って経営を効率化するアイデアに関心の高い企業が自然と集まりそうなコンテンツがそろっています。このサイトにまずやってきて、購読して、freeeって面白いじゃんと思って、無料登録をしてみて、触ってみて、3ヶ月経つと有料に移行させる。自社の事業と、その周辺で見込み客を獲得するwebサイトをうまく組み合わせて使っているのがすばらしいと思います。

「経営ハッカー」の記事は、自社で運営して書いているコンテンツもあると思いますが、ライターを募集して外部のライターさんに書いてもらっているようです。

 

タグ: , , , , , , , , ,

クラウドワークス、MITと共同研究開始–最近、クラウドソーシングが面白くなると感じます

「クラウドワークス、MITと共同研究開始」

クラウドワークスは2月18日、マサチューセッツ工科大学(MIT)とクラウドソーシングの共同研究を開始したと発表。

共同研究プロジェクトは「クラウドワークスリサーチ(CrowdWorks Research)」という名称。クラウドリサーチでは、クラウドワークスのデータを基に、クラウドソーシングサービスを通じた受注者・発注者双方の利用動向の分析し、労働に関するより良い制度設計を探っていく。研究は2013年より始まっており、クラウドワークスの手数料全面無料化による仕事量や質、ユーザーアクティブ率などの変化を分析しているという。

ちょっとしたwebサイトや個人経営の店舗がロゴを考えるといったようなことを1社に発注すると大概割高となる。そこが、こんな内容でもクラウドソーシングを活用して注文すれば、そこそこの数の提案からいいアイデア・提案のデザイナーを選び、発注することができる。当然費用も当初案より安くなる。
クラウドソーシングを活用して仕事を受注する側は自分の能力が活かせそうな仕事を選ぶことができ、双方にメリットがある。
逆に旧来の既得権を持つ企業にとっては脅威となる。

 

タグ: , ,