RSS

カテゴリー別アーカイブ: ウェアラブル

米グーグル、ウエアラブル端末向けOS発表 まず腕時計型

日経電子版の記事より

「米グーグル、ウエアラブル端末向けOS発表 まず腕時計型」

米グーグルはウエアラブル端末向けOS「アンドロイド・ウエア」を発表。韓国LG電子、米モトローラなど複数の端末メーカーが、同OSを搭載したスマートウオッチ(腕時計型端末)を春以降、順次発売する。
ポスト・スマートフォン(スマホ)の有望市場を巡る競争激化が予想される。
GoogleグラスはGoogle製端末だけど、Google製端末以外にも使えるOSはウェアラブルのスタンダードになりそうな予感。

アップルも専用OSをだすのだろうか???

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014/03/20 投稿先 ウェアラブル

 

タグ: ,

眼鏡型端末、生活変える? 病院やコンサート 利用拡大

3月9日の日経電子版より

「眼鏡型端末、生活変える?病院やコンサート 利用拡大」

眼鏡型端末というと今年中の発売が噂されるGoogle Glass ばかりが気になるが、国内メーカーも挑戦している。

と言っても一般向け用途ではなく、病院や工場作業などの業務向け。またコンサートやスポーツ観戦といったイベントにも利用が広がっている。

眼鏡型端末には最初はネガティブな先入観があると思うけど、東京工芸大学がスマホ利用者1000人を調査では、「ポケットやかばんから取り出すのが煩わしい」「画面を見ながら歩いて危険な思いをした」といった不満が5割と。
この結果を見れば、眼鏡型の利点を生かせる潜在的な需要は十分にあると思う。

 
コメントする

投稿者: : 2014/03/10 投稿先 ウェアラブル

 

タグ:

グーグル「グラス」の利用ガイドラインを公表

2月19日の日経電子版より

グーグル「グラス」の利用ガイドラインを公表

「すべきこと」として
Glassのメリットを大いに活用してほしいと。
現実社会との関わりを助けるための機器であり、現実社会から隔離されるためのものではない
友達と一緒に行動しながら利用したり、飲食店の道順を調べたり、飛行機の発着時間の遅延などの情報を得るのに最適
ハンズフリー機能を生かして、料理をしながらレシピを見たりできる
従来では不可能だった独特な視点の写真を撮影したりして楽しんでほしい
と。

そして何よりも重要なことは「許可を取ること」という。Glassのカメラ機能は携帯電話と同じと。

「してはならないこと」では、Glassを長時間使用しないこと、激しいスポーツ時に使用しないことなどを挙げている。

携帯電話のカメラを禁止している場所ではGlassも禁止。ルールを破ったり、不作法になったりすれば、周囲はGlassに懐疑的になり、ほかのGlassユーザーにも迷惑がかかると。

 
コメントする

投稿者: : 2014/03/08 投稿先 ウェアラブル

 

タグ:

Google Glassを使うともうスマホには戻れないらしい ~ ウインクして写真撮影ができ買い物の支払いもできてしまう

IT Proの記事より。

宮本和明のシリコンバレー最新技術報告「Google Glassを使うともうスマホには戻れない ~ ウインクして写真撮影し、買い物の支払いを行う」

ウインクをすることでシャッターを切る(=写真を撮る)感覚なので、写真を撮るためのコスト(金銭的なコストというより、面倒臭さという心理的コスト、手間という負荷)が圧倒的に低い。

高級レストランのおいしい料理がテーブルに運ばれると、スマホで写真を撮るシーンをよく見かけるが、写真を撮っている暇があったらあったかいうちに食べてくれというのが一流のシェフの本音だろう。この、料理が運ばれたあとに、スマホを取り出して、ピントを合わせて写真を撮ってシェアをするフローが大きく変わると思う。

記事では、「写真撮影のコンセプトが根本から変わる」と書かれており、「Google Glassでは写真を撮るというよりは、印象に残った光景を記録する感覚に近い」と。

 

タグ: , ,

ウェアラブルを理解できる動画として「ITビジネスの原理」で紹介されていた「Google Glass」のコンセプト・ビデオが非常に面白い

最近話題のウェアラブル。

ウェアラブルを理解できる動画として「ITビジネスの原理」で紹介されていた「Google Glass」のコンセプト・ビデオが非常に面白いです。

動画URL http://www.youtube.com/watch?v=F_DsUl_vqvo#action=share

「ITビジネスの原理」の作品中でも紹介されていますが、地下鉄が事故で徒歩で目的地に向かうシーン、スマホが限界の今の技術ではちょっと焦って目的地に向かうところ。ところが、歩きながらかわいい犬に気づき、アーティストのライブポスターに気づくところが、ウェアラブルによってコスト(金銭的のみでなく心理的コストや負荷のニュアンス)が低くなってると感じます。

まだGoogle Glassに時代が追いつかない気もしますが、可能性は十分感じることができます。

「ITビジネスの原理」、iPad miniのKindleアプリで読んだので、本読みながらこの動画のリンクをクリックしてyoutube視聴して、作品本文に戻り、動画の解説を読むと言う電子書籍ならではの体験も新鮮。

 

タグ: , , , ,