RSS

月別アーカイブ: 9月 2014

ホント無事でよかった! enari(@setori_)さん

御嶽山の噴火のニュースの中で、Twitter中心に非常に気になったツイートがありました。

IMG_3075.PNG

御嶽山の噴火1分前に山頂付近と思われるツイートをされたenari(@setori_)さん。

また、その後のTwitterの更新がなく、とても気になってました。

さらに偽アカウントが登場したり、
死亡確認との誤報があっあり、
そんな状況なのに心ない朝日新聞の記者がTwitterで取材を申し込んだり、とTwitter上も大混乱しました。

ところが、無事、下山されたそうです。以下サイトが無事を伝えいます。
http://grapee.jp/17135

無事を伝える書き込みののち、現在はアカウントが削除されてしまっております。

この状況では、ゆったりとTwitterを楽しめる状況では無くなってしまいましたので、アカウント削除はやむを得ないと思います。

とにかく無事を確認できてよかったと思います。

広告
 
 

「あまちゃん」ロケ地巡りの旅 その4〜三陸鉄道北リアス線

その4は、北三陸鉄道の沿線です。

15:30に久慈駅に戻ってきました。事前に三陸鉄道北リアス線の時刻表は調べておきました。16:08久慈駅発の宮古行きに乗ると、田野畑駅に16:54に到着し、田野畑駅17:21発の久慈駅行きに乗って18:05に久慈駅に戻ってきます。ということで、16:08の久慈駅発の宮古行きに乗り込みました(写真は天気のよかった昼間に撮ったものです)

DSC_0079

「田野畑駅(あまちゃんでは畑野駅)」

実際に乗った三陸鉄道来北リアス線の車両(田野畑駅で撮影)はこんな感じです。昼間はお座敷列車1両+通常の2両で3両編成でしたが、この時間は1両編成です。

DSC_0202

あまちゃんの作品中では、「田野畑駅」は「畑野駅」という名前で登場します。足立ユイちゃんの最寄り駅という設定です。

DSC_0208

あまちゃん第53話では、お座敷列車が登場します。北三陸駅(久慈駅)〜畑野駅(田野畑駅、この駅)までお座敷列車が走ります。

畑野駅の折り返しのときに、高校を卒業し東京へ向かう種市先輩とアキの別れのシーンが登場しますが、この舞台が田野畑駅です。アキと種市先輩が一緒に「♪南部ダイバー」を歌い、ここで別れます。

付近には、三陸鉄道の車両がデザインされた防波堤の施設があります。三陸鉄道が地域に愛されているのがよくわかります。

DSC_0277

一方で、田野畑駅は海から近いわけで、田野畑駅内には震災直後のがれきだらけの写真も展示されていました。

DSC_0216

「堀内(ほりない)駅(あまちゃんでは袖が浜駅)」

続いて、「袖が浜」駅の舞台になった「堀内(ほりない)駅」です。三陸鉄道に乗ったのは夕暮れ時でしたので、写真は翌日に撮ったものです。

DSC_0357 DSC_0366

あまちゃんでは、袖が浜駅がアキ・夏ばっぱの家の最寄り駅で、袖が浜の海岸で夏ばっぱはウニを捕ってます。ただ、実際は、袖が浜駅のモデル「堀内(ほりない)」駅と、袖が浜海岸のモデル小袖海岸は結構離れています。

DSC_0364

あまちゃん第17話では、友達になった足立ユイちゃんとアキが語るシーンでこの駅が登場します。ユイちゃんが「私、アイドルになるの!」とアイドル・東京への夢・あこがれを語ったのがここです。

DSC_0356

あまちゃん137話では、アキが震災後に北三陸に帰ってくるところを北三陸のみんなが迎えるシーンでこの駅が登場します。

DSC_0361

続いて、「三陸鉄道北リアス線大沢橋梁」です。

DSC_0339

あまちゃん第72話で、夏ばっぱが東京へ旅立つアキを大漁旗を振って見送った海岸です。1984年には、東京へ向かう春子を夏ばっぱが大漁旗で送りますが、北鉄に乗る若かりし春子は、話しかけてきた若かりし大吉と話をしていて気づきませんでした。

DSC_0367

橋の下から見る三陸鉄道はこんな感じです。

DSC_0385 DSC_0374

お座敷列車でもユイちゃんが紹介していましたが、この橋の上では徐行・停車して北三陸随一の景色を眺めることができます。

DSC_0350 DSC_0342

橋を上から見た写真は、国道45号線の堀内大橋の南側にあるレストラン「うしお」の駐車場脇からよく見えます。

DSC_0336

以上、駆け足でしたが、あまちゃんロケ地巡りの旅でした。

 

「あまちゃん」ロケ地巡りの旅 その3〜小袖海岸

その3は、袖ヶ浜のロケ地、小袖海岸です。

小袖海岸周辺の道路は海沿いに狭い道が続くので、土日祝日はマイカー規制が行われます。

小袖海岸周辺マイカー規制のお知らせ – 久慈市

久慈駅周辺でレンタカーを駐車し、駅前から30分おきくらいに出ているバスに乗って小袖海岸に向かいました。12:30に久慈駅を出た後に、駅周辺の数カ所の駐車場を経由して、30分くらいで小袖海岸に到着します。こんな海沿いの岩場の景色が続きます。

DSC_0179

この辺からテンション上がります。

DSC_0090

「じぇじぇじぇ」が流行語大賞を受賞したからということでしょうか、こんな記念碑もあります。

DSC_0091

で、到着しました。小袖海岸。おなじみの灯台と階段が待ってます。

DSC_0113 DSC_0126

この日は、作品で登場した「北三陸高校 潜水土木科」のモデルになった種市高校 海洋開発科 による南部もぐりの実演もありました。重さ70kgというメットをかぶって行う水中作業を見学しました。「ずぶんTシャツ」も売ってました。

DSC_0094 DSC_0100

小袖海岸の海女さんは、海女さんが海に潜る文化のある土地で最も北に位置することから、 「北限の海女」と呼ばれています(作品中では「北の海女」でした)。港周辺のマンホールのフタも「北限の海女」がデザインされています。

DSC_0135

海岸周辺でウニご飯とまめぶを頂きました。まめぶ、甘いんだか、しょっぱいんだか、何とも微妙な味です。

DSC_0133

1日3回、現役の海女さんによる素潜り実演があります。見学料500円を支払い、14:20 〜の実演を見学しました。

DSC_0153 DSC_0159

この実演で獲れたウニです。ただ、9月中旬ではウニの時期としては遅いそうで、獲ったウニを生で食べるには適さない時期だそうです。捕ったウニは海に戻すそうです。

DSC_0171

15:00に小袖海岸出発のバスに乗り、15:30にまた久慈駅まで戻ってきました。このあと、北鉄(三鉄)に乗ります。

その4

 

「あまちゃん」ロケ地巡りの旅 その2〜久慈駅周辺

その2は久慈駅周辺の散策です。

久慈駅から徒歩1〜2分のところにあります、「まめぶの家」。

DSC_0049

商店街には、こんなアートもいくつかあります。

DSC_0046

あまちゃんハウスにも寄ってみました。

DSC_0028

見覚えのあるホワイトボードが。K3RKDNSP合同サミット。”北三陸を今度こそなんとかすっぺ”でしたっけ?

DSC_0039

菅原さんが作った観光協会のジオラマもここに展示されています。

DSC_0040 DSC_0036

DSC_0037 DSC_0032

その3

 

「あまちゃん」ロケ地巡りの旅 その1〜久慈駅

2014年9月の3連休で、1泊2日(9月14日〜9月15日)のあまちゃん聖地巡礼ツアーを決行しました。前日の夜、急遽決行を思い立ち、とりあえず盛岡からのレンタカーと宮古のホテルの予約。そうと決まったら、あまちゃん総集編の録画やNHKオンデマンド、紅白の157話等を見ながら支度して、翌朝早起きしてとりあえず出発しました。

9月14日 AM6:32発「はやぶさ1号」に乗り、盛岡へ。

DSC_0021 DSC_0015

8:45に盛岡駅到着。

IMG_2542

盛岡駅前のオリックスレンタカーを借りて、まずは久慈へ向かいます。東北自動車道→八戸自動車道 九戸ICまで行き、そこからは国道42号、281号を経て久慈市に向かいます。

image001

11:30頃、三陸鉄道北リアス線「久慈駅」に到着。あまちゃんでは「北三陸駅」として何度も登場します。

DSC_0050

駅前には、あまちゃんでは、菅原さんと栗原ちゃん、そしてストーブさんが働く「観光協会」の入っていたビル「駅前デパート」があります。「潮騒のメモリーズ」の看板も。

DSC_0064 DSC_0062

久慈駅の内部です。あまちゃんでは、喫茶「リアス」(夜になるとスナック「梨明日」)がありましたが、「三陸リアス亭」という立ち食いそば屋さんがあります。残念ながら、11:30ではウニ弁当は売り切れ。

DSC_0056 DSC_0082

このあたりの駅の感じも、作品の中ではおなじみかと思います。

DSC_0077  IMG_2561

あまちゃんでは、北鉄と言われていましたが、三陸鉄道北リアス線の車両です。

DSC_0079 DSC_0075

その2へ続く